At the end of 2019

今年は、光遺伝学TDP-43凝集を利用したALSモデルについてのプレプリントを発表しました。下は、今年のはじめに考えた、この論文のモデルの構想の落書き。このモデルは、すでに間違ってる部分がありますが、2020年には、どのぐらい正しいかさらに検証を進めたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

Potential mechanisms of optogenetic TDP-43 oligomerization and aggregation (Some wrong, but some probably right, hopefully)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中