敵を作るってこと

総説を執筆しています。

敵できるの仕方ない

研究論文は、実験をしている時間も含めて何年も考え続けてから執筆に入るので、いってみれば、書き始める前にもう書いているようなものですが、総説は、いろんな研究者の意見を総合して書くので全然別もの。百科事典的な総説の書き方もありますが、3,000編ぐらい先行研究の論文があるので、それを余すことなくまとめるのも無理です。

せっかく書くのだから、当たり障りの無い文章ではなく、バランスよく分野をまとめたのちに、最後は公平な意見・見通しを述べたいと思います。しかし、どんなに公平を期しても、切り口を作ってしまうと、省かなくてはならない研究が出てしまいます。

「レビューを書くってのは、敵を作ることなんだよ」

もう、20年以上前になりますが、右も左もわからない学部生だった頃、卒業研究で在籍したラボで、そういえば、先生が先輩に言っていた言葉、ふと蘇りました。今、その意味がわかるなぁ。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中