バイオリソースのワークショップ:第41回日本分子生物学会

分子生物学会@横浜で、「生物種横断的な研究の進展とバイオリソースの役割」というワークショップを開催しました。短めの発表時間で、演者の皆さんには申し訳なかったですが、面白い発表、鋭い質疑ありがとうございました。私は、ゼブラフィッシュを使ったヒト疾患研究について「光照射によるALS病態の再現にむけて」というタイトルで口演しました。忘れられていたリソースでも、発見や技術的な進歩によって、宝の山に変わることがあり、歴史と先端の両方を理解しながら、適正規模でリソースを開発、維持するために、皆さん試行錯誤を積み重ねていることが良くわかりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中